犬好きのブログ

犬のことを書くブログではない

svnにgitをかぶせる

10月からフリーランスでやり始めた。 開発現場に常駐するやつね。

久しぶりのjavaで、struts2での開発というわりと長く運用されてるシステムに携わっている。

ソースコード管理は昔ながらのsvnを使用。

もう体がGitに馴染んでしまっているので、svnはなんとも使いづらい。 特に、サーバに一発コミットで即更新してしまうのがなんとも。

Git使ってるときは、

  1. ローカルでブランチ切って、
  2. 細かくcommit
  3. commit --amendrebase -iでローカルブランチを整理
  4. push

って流れだったので、これがsvnだと4だけになる感じ。

しょうがないので、svn管理下のディレクトリの親ディレクトリでgit initし、svn管理下のディレクトリを全部Git管理下に置いてやった。

荒技だけど、これで上記の1〜4の流れが回せている。

ま、当分これでいいか。